教育

スポンサーリンク
モモ

【考察】『モモ』に学ぶ /ミヒャエルエンデ作 ②黙ってきくことの効果

人の話を黙って聞くなんてことは とても難しいことですよね。 大ベストセラーの スティーブン・R・コヴィーの “7つの習慣“でも まずは「黙って相手のことを聞く」 といっていますが まさしく、この本...
モモ

【感想文】【あらすじ】①「時間節約こそ幸福への道!」なのか?モモ / ミヒャエルエンデ作 

1943年発行されたドイツの児童文学作品。 初めてこの本を読んだのは 26〜28歳のことだった。 仕事に一生懸命 駆け抜けてきたおかげで 仕事は充実していたけれど “人生“を考えた時、 この生き方...
積木くずし

【反抗期】子育ては戦争だ 積木くずし 穂積隆信著

この本のサブタイトルに 「親と子の二百日戦争」とあるように まさしく壮絶な子育ての内容なのですか 1983年に テレビでドラマ化されたものですが あの頃は、私がこの本に出てくる 主人公の娘役と同じ歳で ...
カラフル

【感想】本当に死ぬ理由だったのか? カラフル 森絵都著

死んだはずのぼくの魂が、ゆるゆると どこか暗いところへ流されている からはじまる物語。 中学校などの読書感想などの教材に 引っ張りだこの本書。 思春期の子供を持つ親御さんも読むと 親や周りの大人ではわか...
親力

【小学生】算数を楽しむ 九九は覚えなければダメか? ピーターフランクル「親力」

覚えてしまえばなんてことないかけ算の 九九ですが、覚え始めは親子で骨が折れる ものです。 &lt;br /&gt;<br /> 数学者ピーターフランクル著「親力」より ...
親力

【小学生】百ます計算だけで算数の力はつくのか? ピーター・フランクル 「親力」

「百ます計算」は一時ブームをとなった小学校の 計算の上達に機序した計算方法で、縦10×横10のマスの 左側と上部にそれぞれ0から9までの数字をランダムに 配置、それぞれが交差するマスに答えを書く というもの。 ...
親力

【小学生】数学の思考力の伸ばし方 ピーター・フランクル 「親力」

数学は抽象的なもので、文章題などは思考力を 要します。 この「数学的思考力」をどのように伸ばして 行くかが数学の成績アップに関係があると 数学者のピーター・フランクル著の「親力」に 記しています。 子供...
親力

【小学生】数学を制する子どもは受験を制する ピーター・フランクル著 「親力」

中学受験のポイントは算数の点数というのは 定説ですが この本の著者は、数学者で1971年には 国際数学オリンピックで金メダルを獲得した ハンガリー生まれ、日本で子供たちに数学の 楽しさ、学び方を伝えてる。 ...
ビリギャル 坪田信貴

【感想】ビリギャル 坪田信貴 受験テクニックより大切なもの

受験シーズンになると読みたくなるのが 2013年に初版された本。 映画化され内容はあまりにも有名。 学年ビリのギャルが1年で偏差値を 40上げて慶應に現役合格した話。 その生徒を指導した塾の講師の 坪田...
ヘタな人生論より徒然草

【感想】ヘタな人生論より徒然草 荻野文子 勉強には環境が大切なのか?

進学校に入学すると本人よりも 周り(特に母親や父親)の方が 成績の伸び悩みに気を病むことが多い。 そして 塾や予備校に行くように促しても 勉強に身が入らないのか 思うように成績が上がらない。 こん...
スポンサーリンク