中島敦

スポンサーリンク
弟子

【感想】下手な「論語」より孔子がわかる?『弟子・ていし』中島敦著

“孔子“といえば「論語」でしょうと 思っていましたが ある本で“孔子“を知りたければ 「論語」より本書を読んだ方が “孔子“についてよくわかるという ことを知ったので 一度読んでみようかと 思いま...
李陵

【感想】対照的な祖国愛 李陵と蘇武『李陵』中島敦著

『山月記』などで知られる中島敦の作品で 著者の死後、有名になった作品で 中国前漢時代(紀元前150年ごろ)の 武帝からその次の昭帝の時代の 匈奴との戦いの中 捕虜になった漢の騎都尉(武将)の 「李陵」を...
山月記

【感想】臆病な自尊心と尊大な羞恥心『山月記』中島敦著

教科書にもよく出てきて 馴染みのある『山月記』。 ある妻子ある公務員が出張先で虎に なってしまい家に帰れなくなる。 翌年同僚に虎として再会するお話。 こんなファンタジーなお話が なぜ、教科書に載ることに...
スポンサーリンク