スポンサーリンク
上機嫌の作法

【上機嫌の作法 斎藤孝著】対人関係で大切な身体的基本動作 

なぜ、人から不機嫌に見られるのか? 別に機嫌が悪いわけでもないのに… 黙って人の邪魔にも害にもなっていない と自分では思っていても なぜか、場の雰囲気を悪くしてしまう ことがある。 そんな時に使う「技」...
上機嫌の作法

【即戦力】上機嫌の技化 「笑う」こと 『上機嫌の作法』斎藤孝著

『なんて無意味に不機嫌な人が多いのだろう』 から始まる本書。 確かにそう思うところがある。 不機嫌と威厳を勘違いしている人。 こんな疲弊した世の中では わかりやすい上機嫌の人が 即戦力として求めてられて...
フルーツパフェ大福

【フルーツ大福】五條堂(GOJODO) フルーツパフェ 鴻池花火を食べてみた。

もう〜美味しすぎました。 いちご大福は食べたことがあり これも大好物ですが、 もう、それどころじゃないんです。 もう、秒で食べました。 飲み物でした😆 鴻池花火 名前も素敵! 一つ一つ丁寧にラッピ...
未来編

【あらすじ】人類復活 火の鳥 未来編 手塚治虫著

西暦3404年の地球を舞台にした 火の鳥シリーズ。 この『未来編』は『鳳凰編』の次に 私は好きな火の鳥シリーズで不死鳥の火の鳥を 扱うなら、一番ふさわしいストーリーです。 生命とは、愛とは? 壮大なテー...
小川洋子

【感想】芥川賞 妹の狂気 妊娠カレンダー 小川洋子著

妊娠カレンダーと聞くと一日千秋の思いで 出産を待ちわびているようなことと 想像してしまいましたが この小説の内容はそんな優しい光に包まれた 温かい気持ちとは対極的な妹の複雑な 思いが綴られた物語でした。 ...
乱世編下巻

【あらすじ】義経と弁慶 火の鳥 乱世編 下巻 手塚治虫著

鎌倉時代の幕開けとなる源氏による 平家の滅亡のあたりをモチーフに書かれた 乱世編です。 このあたりの歴史の流れを勉強するなら わかりやすくて良いと思います。 上下巻あり少し長めですが、私は 細かい源平合...
乱世編上巻

【あらすじ】平清盛と源義経 火の鳥 乱世編 上巻 手塚 治虫著

鎌倉時代の幕開けとなる源氏による 平家の滅亡のあたりをモチーフに書かれた 乱世編です。 このあたりの歴史の流れを勉強するなら わかりやすくて良いと思います。 上下巻あり少し長めですか 細かい源平合戦はあ...
ギリシャ ローマ編

【あらすじ】永遠の命(3千年)火の鳥 ギリシャ ローマ編手塚治虫

手塚治虫の 火の鳥のシリーズでは 全13巻の中では 一番新しいものになります それでも、初出誌1956年です ママ 確かに古いだけあってなんだか、本が埃っぽいわあー ぽつ お掃除が甘いだけではー 他...
日本国憲法を口語訳してみた

【憲法】俺たちのガキのために 日本国憲法を口語訳してみたら 塚田 薫著

理系の者にとって社会という 科目は覚えなければならないものが 多く、 だだ覚えるだけがなかなかできない。 そこで、わかりやすく法律や憲法が 書いてある本を探していたら 本書を見つけた。 日本国憲法...
察しない男 説明しない女

【男女】コミュニケーション力 察しない男 説明しない女 五百田達成著

その人のことはよく知っているのに なぜか話が噛み合わない。 例えば、恋人、旦那、上司など よく考えれば、男女の差はあるのかな と考えるようになった そんな時に本書は役に立つと 考えて読んでみたらなるほど...
スポンサーリンク