スポンサーリンク
ヴィヨンの妻

【感想】妻には神は見えなかった ヴィヨンの妻 太宰治著【あらすじ】

芸術家の妻とはどのようなもの なのでしょうか? この作品には主人公の夫の詩人を 取り囲むたくさんのパトロン的 女性が登場します。 “妻“と呼ばれる主人公は これらたくさんの女性とどう違う のでしょ...
春の雪

【感想】禁忌で不可能な恋から永遠の愛を知る 春の雪 三島由紀夫著

同じ相手なのに隔たり(障害)が できた途端、 それを乗り越えてまでも行きたくなる というのが厄介な恋の道。 文学作品ながら 少女漫画の様なところもある小説で うん!うん!と頷き、笑いながら 読んで...
三四郎

【感想】三四郎的草食系男子事情 三四郎 夏目漱石著

この小説に出てくる三四郎という 大学生は、今で言う 「草食系男子」とでも言うのでしょうか? 時代から考えれば この小説に出てくる男性の 意気地なさは美徳だったのかも しれませんが 女性にとっては不...

【感想】皆は長い鼻を笑っていたのか? 鼻 芥川龍之介著 【あらすじ】

顔の正面にある鼻が顎まで伸びていたら やはり、どうしても見ちゃいますよね。 <br /> あらすじ 細長い腸詰めのような鼻が 顔の正面についている禅智内供は その鼻のことを知ら...
羅生門

【感想】下人はなぜニキビ(面皰)を触るのか?羅生門 芥川龍之介著

子供に 「ニキビを触らない! 余計ひどくなるから…」と散々注意 していたときに この本を読んでいるとやたら この作品の登場人物の下人が やたら、ニキビを触る描写が 書かれている。 この本を読...
最後の一句

【感想】少女がお上に浴びせた痛烈な一言とは? 最後の一句 森鴎外著

父親が明日、斬罪される事を 知ってしまった 16歳の娘は、それを阻止するため 嘆願書を書く事を決める。 その内容は、父親の代わりに わたしたち子供を殺してほしい と言うもの。 この娘の“献身愛“通...
山椒大夫

【あらすじ】運命に身をまかす従順な厨子王 山椒大夫 森鴎外著 【感想】

父親を探して母親と一緒に旅に出た姉弟。 その途中で人買いに拐われて 母親と離れ離れになり 山椒大夫に買われた姉弟は 薪拾いや海水汲みをさせられます。 ある日、姉弟揃って同じ夢を見ます。 その夢は額に烙印...
猿蟹合戦

【考察】やられたらやり返してもいい?猿蟹合戦 芥川龍之介著

御伽話では、子蟹がママ蟹を殺した 猿に復讐する話で 猿はとっちめられて、読者は すっきりするところなのですが 本書では、この御伽話の後の 蟹たちの話えが書かれています。 しかし、それは私が『猿蟹合戦』を...
蜘蛛の糸

【感想】蜘蛛の糸はなぜ切れてしまったのか? 蜘蛛の糸 芥川龍之介著

この短編の主人公、犍陀多(カンダタ)は 人を殺したり、家に火をつけたりと悪事を はたらいていた、とんでもない男だった。 しかし、小さな蜘蛛がはって来ても 踏み潰さなかった。 それを極楽から見ていた お釈...
杜子春

【感想】本当の「幸せ」とは? 杜子春 芥川龍之介著

このお話は中国の唐の時代の話。 落ちぶれたおぼっちゃま杜子春が 本当の幸せとは何かを悟る物語と なっています。 そして、子育てに疲れた母さんにも 必見のストーリーになっています。 母として涙なしでは読め...
スポンサーリンク