子どもにもわかる 保険は必要?「安心」を買う保険とは?

お金持ちお金持ちになるにはどうする
スポンサーリンク

かんぽ生命という郵便局の保険が

お客さんさんの利益を考えないで

契約させたり勧誘をしたりしてたことがわかって

法的に仕事を見直すように言われたよ。
人生は危険がいっぱい。
災難もいつ降ってくるかわからない。
そこで保険に入ることにしました。
毎月、決まった保険料を払っておくと
事故などでケガをしてしまった時の
治療費や入院費がもらえる保険です。

保険は得なのか損なのか

公益財団法人 生命保険文化センター
調べで
生命保険加入率(性別・年齢別)平成28年度
IMG_2944
これを見てみると8割の人が加入しています。
やはり上記のようなことが起きると
たくさんの人が困ることになります。
では、保険というのは、得なのか損なのか?
50055005

保険会社は大勢の人からお金を少しずつ
集める。
集めたお金の中から損害を受けた人に保険金が支払われる。
1年間
何事もなく病院にも行かなかったから
支払った保険料は1円も戻ってこなかった。
でも、災難に合わなかったから
得したのかも。
5005

払った何倍もの保険料をもらったけど
ついてない1年だった。
でも、保険金でケガの治療費を払ったから
その意味では得したかしら。
IMG_2949

保険料は確率で決まる

だれでも災難にあう可能性がありますが
実際に災難にあう人も合わない人もいます。
その割合は、これまでのデータから
だいたいわかっています
そこで保険会社は
いくらずつ集めれば災難にあった人に
保険金を払ってももうけられるかを
計算して集める保険料を決めます。

お客さんによって保険料が違う

タバコを吸わない人は、保険料が安い!

タバコを吸わない人は、同じ年齢のタバコを
吸う人より長生きできる
つまり死ぬ確率が低い
ことがわかっている。
そのため、吸う人と吸わない人では
吸わない人のほうが
保険料が安い。
5005

住んでいる地域で自動車保険料が違う
IMG_2952
日本全国、自動車事故や車の盗難に遭う確率が
同じというわけではない。
そこで、事故や盗難が多い
地方に住んでいる人ほど
保険料が高く設定されている。
​他にも若い人ほど事故を起こしやすい​ので
保険料が高くなっている。

FullSizeRender
引用:警視庁
よくニュースで言われている高齢者ではないのですね
だれでも入れる保険がある。
しかし、そういった保険は病気を持っている人
や高齢者の人も入れるのでその分
保険料が高くなります。
国民全員が入る保険もある
日本では、国民みんなが入らなければいけない
保険があります。
これを「社会保険」と言います。
社会保険には、病気やケガの治療費を一部払ってくれる
「健康保険」や年をとって仕事を
やめた後の暮らしを支えてくれる
「年金」などがあります。
<健康保険証>
「健康保険」に入っている証明書
病気やケガで病院にいった時これを
提示すれば、医療費の70〜90%を保険で
負担してくれます。
社会保険制度は国によって違います。
例えばアメリカには
国民全員が入る健康保険はありません。
個人で民間の保険に入っていないと
医療費は全額自分で負担します。
アメリカでは2割の人が保険に入っておらず
医療費も高いため
病気になっても医者にかかれないことが
問題になっています。

2007年 保険金不払い事件

正当な理由がないのに、保険会社がきちんと保険金を
払っていない場合が多かったことがわかり
大きな社会問題になりました。
「かけた人が請求をしなかった」
という理由もあったのですが
支払うべき保険料を支払われていない
のは許せないことです。
今回もそうですが
安心を買っているので何もなければ
それでいいではなく
お客さんの利益をお客さん自身以上に
考えられない人から国民は
安心
を買うことはできないと思います。
引用:参考 お金持ちのなるにはどうするの?

コメント