HLA遺伝子は真逆の相手を惹きつける『妻のトリセツ』黒田伊保子著

妻のトリセツ妻のトリセツ
アイチャッチ
スポンサーリンク

妻とは、ことごとく意見が合わない!

いや、それだけでない。

こちらが暑がりなら向こうは

寒がり、

向こうが神経質ならこちらは

大雑把と言った具合に

感性までも真逆という

夫婦があります。

本書で著者は

このように合わないもの同士が

カップルになるのは

必然的なことのようです。

その理由を紹介しています。

生物多様性の倫理に則った組み合わせ

恋に落ちる男女は

生物多様性の倫理に則って

感性が逆な相手を選んでいるから

自分とは違う

感性の人と結ばれてしまうのは

仕方がないことなのだと

著者は示しています。

地球上のほとんどは、生殖を

その存在の第一使命としています。

生殖して遺伝子を残すために

最も効率の良い方法とは

「タイプの違う相手との掛け合わせ」

だったり

「生殖機会ごとに相手を替えること」

なのです。

後者は

例え、生きとし生けるものの

使命であっても

生き物としてOKでも

人としてダメなので

前者の考えで統一したとして

感性が違うほど、

遺伝子は多様性を極め、

子孫の生存可能性が高まりという

ことなのです。

感性が真逆の人に惹かれる理由

動物は

フェロモンと呼ばれる物質によって

生殖相手を取捨選択していると

言われている。

確かに“フェロモン“については

相手を惹きつける匂いだと

いうことは

よく知られていると思います。

その、匂いの種類が

遺伝子の免疫抗体の型に

対応して

生殖ホルモンと連動して匂いで

自らの免疫抗体を相手に

知らせているのです。

フェロモンを発する「HLA遺伝子」

そのフェロモンを作り出しているのが

「HLA遺伝子」でこの遺伝子は

人の体臭に個性を与え

異性に対しる好き嫌いの感情に

影響を与えている。

人はこの「HLA遺伝子」から

発せられる匂いに惹かれて

いることが明らかのなるつつあると

本書では書かれています。

HLA遺伝子はいわば

白血球の血液型みたいなもので

両親のこの型が違うほど

子のHLA遺伝子の多様性は高くなり

免疫抗体のバリエーションが増える

ことになります。

よって

このHLA遺伝子の型が

違えば違うほど

男女は強く惹かれ合うと

いうのです。

違えば違うほど生存確率が上がる

免疫抗体の型は

その個体の生態としての感性を

決めます。

この型が

異なる相手と子供を作れば

子孫のバリエーションが増える

ということになります。

子供のバリエーションが増えると

いうことは

簡単にいえば

寒さに強い個体と

暑さに強い個体が交配すれば

子孫にはどちらの型も混じって

いるので

地球が温暖化しても寒冷化しても

誰かが生き残れるし

神経質と大雑把は確かに

真逆なのですが

感性が真逆だと感じる夫婦ほど

生殖相手としては抜群であると

著者は記しています。

逆に、好きな食べ物も

好きな映画も、笑いのツボも

一緒という夫婦は

相手にイライラすることなく

まるで、

親友のような穏やかな

関係を築くことができるのですが

その相手に発情しにくいので

セックスレスになりやすいと

著者は本書で指摘しています。

感性の違う相手との生活の仕方

感性が真逆であっても

子供の教育方針、家、親の問題等

どうしても話しあって

意見をまとめまくてはならない時が

あります。

そんな時は

「ビジネスプレゼン」のように

考えると良いと

著者は本書で紹介しています。

相手と意見を交わすとき

例えば、お昼ご飯に行く時

そばが食べたい夫とパスタが食べたい母

こんな時は、

パスタのデミリットの例えば

「太る」「油っぽい」などを言い並べず

そばの「この時期しか食べれない」とか

「日本酒に合うよ」などの

メリットを

言われると妻は自分にも

“ゲイン”があると理解できて

そばでもいいかとなるのです。

少々面倒ではありますが

「妻相手にこそビジネスプレゼンを」

心得なくてはならないのです。

まとめます

感性ややることなすこと違っても

それは

生きとし生けるものの定めなのだと

思うことだと著者が言っています。

感性の違う妻には

妻の選択を否定せず

他の選択のメリットだけ言っていれば

妻の方も自分にとってにの

「ゲイン」(手に入れられるもの)

があるとわかると

プレゼンは通りやすくなるのでしょう。

妻のトリセツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
inuimieをフォローする
スポンサーリンク
ぽつのブログ

コメント