教育

大学受験 和田秀樹 「受験のシンデレラ」<受験勉強は常に時間と得点のコスト・パフォーマンスを考えろ>

映画やドラマになったこの本は物語(フィクション)では
ありますが「格差社会をぶち壊せ!」と
筆者が経験を基にした
「受験テクニック」がたくさん出てきます。
それを参考に受験の作法を考えてみます。

あらすじ

五十嵐透は東大専門塾を経営。
塾生の9割が東大合格というこの塾で
富や名声を手にしていた「受験界のカリスマ」

五十嵐自身は東大理三類卒の医者。
親友からがん宣告を受ける。

自暴自棄になりながらも
これからの人生を考えていた時

偶然入ったコンビニで、
抜群の計算感覚で店員とやり合う少女
真紀と出会う。

経済的にも親からの支援もない
真紀にきらりと光るものを感じ
残りの人生で
彼のあらゆる受験テクニックを駆使して
真紀を東大に合格させるという話。



「受験勉強はかけた時間だけ点がとれたやつが受かるし、

時間をかけた割には点につながらないやつは落ちる。

だから完全主義者の連中は勝手に落ちていく。」

「要するに満点狙いのバカのことだ。

8割から9割まで2ヶ月かかるとしたら、

それを満点にしようとすると、さらに

半年かかってしまう。

それだけやっても満点が取れる保証はない

どんな入試試験でも、満点なんて取れなくっても

合格できる。合格点をとりゃいいんだ。

それも合計点でだ。

苦手科目があって、

それが合格点に達しなくても

得意科目で埋めて合格する。」


まとめ

確かに出来るだけ高得点を取りたいと思うに

合格を確固たるものにしたければ

余分に点数も取りたいところなのですが

著者は初めから8割〜9割を狙って勉強する

ことを勧めている。

要するに時間のパフォーマンスで

センター試験などは8〜9割の間より

9割を超えてくるところから

今ままでの勉強の以上の習得時間がかかる。

そんなのに時間をかけるくらいなら

2次対策に時間を回した方が有益(コスパがいい)

ことになります。

特に苦手科目については

出来るだけ最低点で計算しておく。

五十嵐の場合、国語が偏差値50程度で

東大理三類の受験生で偏差値50の科目があるなんて

能力の偏りも甚だしいが

五十嵐は国語の目標点を15点にしている

15点ならどんなに悪くても取れると考えて

他の科目はどれだけ取らないといけないか

計算する。


決して国語を深追いすることなく

他の得意科目で補うための勉強に当てた。

不得意なものをあげるのと

得意なものをあげるのなら

得意な科目をあげる方がコスパがいいのである

要は合計点なのである。

大学受験 和田秀樹 「受験のシンデレラ」<受験要領その3 数学は暗記である>

映画やドラマになったこの本は物語(フィクション)では
ありますが「格差社会をぶち壊せ!」と
筆者が経験を基にした
「受験テクニック」がたくさん出てきます。
それを参考に受験の作法を考えてみます。

あらすじ

五十嵐透は東大専門塾を経営。
塾生の9割が東大合格というこの塾で
富や名声を手にしていた「受験界のカリスマ」

五十嵐自身は東大理三卒の医者。
親友からがん宣告を受ける。

自暴自棄になりながらも
これからの人生を考えていた時

偶然入ったコンビニで、
抜群の計算感覚で店員とやり合う少女
真紀と出会う。

経済的にも親からの支援もない
真紀にきらりと光るものを感じ
残りの人生で
彼のあらゆる受験テクニックを駆使して
真紀を東大に合格させるという話。




<受験要領その3 数学は暗記である>

「お前はバカか?」

「問題ができないからバカと言ってるんじゃない。

できもしないのに、時間を無駄にして

自分で解こうとするからバカと言っているんだ。

できない問題はいくら考えたってお前の今の頭じゃ

できないことになる。

その時は答えを見ろ!


すると真紀は言います。

「それじゃカンニングじゃない?

自分でやんなちゃ力がつかないよ」



尽かさず、五十嵐は

「そんなこと誰が言った?そんなばかなことを

信じているやつがたくさんいるから

お前にチャンスがあるんだ。

問題集というのは、やることが目的ではない。

そこに出ている問題ができるようになるために

やっているのだ

自分で解こうが答えを見ようが

やり方を頭に叩き込んでいる点では

同じなんだよ」


それでこの

<受験要領その3 数学は暗記である>

が出てくるのです。



まとめ

真紀の真面目さと真剣さがわかりましたが

真面目で愚直に勉強するだけでは

小さい頃から戦い慣れて(例えば中学受験を経験している者)

いる受験ファイターには

太刀打ちできません。

もう、真紀に数学的な才能があろうと

難関大学の理数系には

正直、暗記数学では、難しいでしょう。

真紀は文科二類を受ける為
(学科を何処にするかも戦略の一つ)

東大ではありますが

数学の点数は並みを目指せばいいのですから

わからない問題と何時間も格闘するよりは

覚えてしまった方がコスパはいいでしょう。


著者は自分の体験を五十嵐に置き換えて

記していますが

五十嵐も東大理三なので

確かに成績が落ちた時には

暗記数学を用いたと思いますが

決して答えの丸暗記だけではないと

著者のエッセイなどには記しています。


要はその生徒のレベルを知り

上達に連れ指導も変えていくというのは

何を指導するにも大切なことです。


わからないのに自分で解くことや

自分の解き方にこだわり過ぎると

逆転合格を狙う者では

間に合わないのかもしてません。


<ぽつのブログ 関連記事>





大学受験 和田秀樹 「受験のシンデレラ」10分の復習で得点7割にアップ

この当たり前だけどできないことを
具体的成果を示すことによって
生徒のモチベーションをアップさせる。


映画やドラマになったこの本は物語(フィクション)では
ありますが「格差社会をぶち壊せ!」と
筆者が経験を基にした
「受験テクニック」がたくさん出てきます。
それを参考に受験の作法を考えてみます。

あらすじ

五十嵐透は東大専門塾を経営。
塾生の9割が東大合格というこの塾で
富や名声を手にしていた「受験界のカリスマ」

五十嵐自身は東大理三卒の医者。
親友からがん宣告を受ける。

自暴自棄になりながらも
これからの人生を考えていた時

偶然入ったコンビニで、
抜群の計算感覚で店員とやり合う少女
真紀と出会う

経済的にも親からの支援もない
真紀にきらりと光るものを感じ
残りの人生で
彼のあらゆる受験テクニックを駆使して
真紀を東大に合格させるという話。


<受験の要領 その2 予習より復習>

「要するに復習が足りないということだ。

相当記憶力がよくない限り、人間なんてものは

1回やっただけで覚えるものではない。

でも、一回復習をするだけで、定着度が違う。

それでも間違ったところをもう一度やる

そうすりゃ、やった分だけできるようになる。

第一、復習は一度やったところのおさらいだから

かかる時間が違う。

1回目に1時間かかって、結局復習せずに3割しか

覚えられなかったところが

10分復習するだけで7割になる。

1時間で30点と

1時間10分で70点だったら

どっちが得かわかるだろ?」


「たくさん進む必要はない

そのかわりやったところは全部できるように

しないとダメだ」

と真紀に指導している場面があります。


まとめ

とにかく 知識の定着が大事なのは
どんな受験においても大切で
その方法として
繰り返すことと著者は言っています。

当たり前ちゃ当たり前ですが
ちゃんと数字で示して
(本当に10分の復習で7割を覚えることが
できるか?それが本当に70点になるか?
とは思うが😅)

この当たり前だけどできないことを
具体的成果を示すことによって
モチベーションをアップさせる。

このやり方を
五十嵐はいつも意識して
生徒に説明しているところが
生徒を主体的にさせ
それを知識の向上に繋なげるという
著者の意図を感じる
指導だと思った。

予習も時には大切ですが
真紀のような背水の陣では
そんな余裕はないでしょう。

しかし、往々にして復習の方が
大事なのは間違いないでしょう。





大学受験 和田秀樹 「受験のシンデレラ」 受験の要領 自分のスタートラインを知れ!


「今のお前のレベルは、数学は小学校4年生レベル
英語は中1レベル、国語はよくて小学校5年生レベルだ」

映画やドラマになったこの本は物語(フィクション)では
ありますが「格差社会をぶち壊せ!」と
筆者が経験を基にした
「受験テクニック」がたくさん出てきます。
それを参考に受験の作法を考えてみます。

あらすじ

五十嵐透は東大専門塾を経営。
塾生の9割が東大合格というこの塾で
富や名声を手にしていた「受験界のカリスマ」

五十嵐自身は東大理三卒の医者。
親友からがん宣告を受ける。

自暴自棄になりながらも
これからの人生を考えていた時

偶然入ったコンビニで、
抜群の計算感覚で店員とやり合う少女
真紀と出会う

経済的にも親からの支援もない
真紀にきらりと光るものを感じ
残りの人生で
彼のあらゆる受験テクニックを駆使して
真紀を東大に合格させるという話。


<受験の要領その1 自分のスタートラインを知れ>
本文より

「今のお前のレベルは、数学は小学校4年生レベル
英語は中1レベル、国語はよくて小学校5年生レベルだ」

「そこまで戻れば必ずできるようになる。
わからないままやろうとするから頭に入らない。

ほとんどの受験生は、自分のスタートレベルが
わからないまま無理して受験勉強をはじめるから
自滅する。

第一計算能力は数学に限らず
いろんな分野の基礎だ。
お前ならスピードアップできるはずだ。」

真紀はこう思った。

とにかく、信じるしかない。
初めて信じられる人が見つかったのだから。


まとめ

この実際の学年で学力は判断できない。
要は習得できている学年を知らなければ
どこからつまづいて勉強ができなくなったのか
を知らなければ

今までのように学習効果が出ないまま
倦怠感を伴いながら続かず
自滅してしまう。

やる気の減退です。

確実にできるところまでレベルを下げて
完璧にしていく。


これはビリギャルの坪田先生も

あのギャルのさやかちゃんにも小学生の
ドリルをさせていました。


それと
これもビリギャルで書いてありましたが

指導者と受験生の間に信頼関係がなければ

どんなテクニックも成り立たないのですね。








大学受験 和田秀樹 「受験のシンデレラ」 格差社会を壊せ!



受験シーズンになるとこの本を思い出します。

この著者は精神科医。

ご自分の受験体験の本や大学受験塾なども
経営されていたことから
この本は小説ですか
実体験に基づいた作品かと思われます。

あらすじ

五十嵐透は東大専門塾を経営。
塾生の9割が東大合格というこの塾で
富や名声を手にしていた「受験界のカリスマ」

五十嵐自身は東大理三卒の医者。
親友からがん宣告を受ける。

自暴自棄になりながらも
これからの人生を考えていた時

偶然入ったコンビニで、
抜群の計算感覚で店員とやり合う少女
真紀と出会う

経済的にも親からの支援もない
真紀にきらりと光るものを感じ
残りの人生で
彼のあらゆる受験テクニックを駆使して
真紀を東大に合格させるという話。



まとめ

和田先生のエッセイなどをよく読んでいたので
この小説が映画化された時も
「あ〜いつも先生がおしゃっていることだわ」
と思い内容ストーリーがはいってきやすかったです。

著者は灘中 高 東大理三と
素晴らしい学歴なのですが

著者がこの本の中で
説明する受験テクニックは
選ばれし者だけができるものでは
なくて
泥臭く実践すれば誰できるテクニック
です。

今まで、東大合格するためならいくらでも
塾代を出しますという
親たちに長蛇の列をつくらせ
お金を出させて
富や名声を得た男が
生命の最後にしたかったのは
お金もなく自分に生きる価値を見出せない
少女を東大に入れること!
しかもワンコイン(500円)で…

常日頃 お金=学力などが言われいるが
本当にそうなのか?
私のこの疑問は本書で答えてくれていました。

<ぽつのブログ 関連記事>














お問い合わせ

名前
メール
本文