世界のお金持ちといえば「マイクロソフトソフト」元会長
ビル・ゲイツが挙げられるよね。
(2018年にはAmazonのジェフ・ベゾスに抜かれたけどね)

では彼がどのようにお金持ちになっていってか。
チャンスの時はどのような選択をしたか



ビル・ゲイツ少年は中学生の頃
当時まだ珍しいかったコンピュータに
出会い夢中に

これからはコンピュータの時代が
来ると確信する
     ↓
チャンス!
コンピューターを使ったビジネスを始める​​
お金持ちになる人は多かれ少なかれ時代の風に
あと押しされている

コンピューターを使ってお金を稼ごうと
考えたがどうしたか

  1. 友達を集めて、グループで仕事をする。

 2. 人には教えず、1人で仕事を始める。

君はどっちを選ぶ?

ゲイツは

 1を選んだよ。

どんなにすごい人でも1人でできることは
限られているよ。
協力しあえる仲間を大切にしょう

     

チャンス!
初めてのパソコンが発売
ついに、普通の人が買える価格のコンピューターが
発売になる。
しかし、まだそのコンピューターを
動かれるソフトがなかった
ゲイツたちはソフトを作って
そのコンピュータを作った
会社に売ろうと決めた。
ここでいうソフトはコンピュータを
動かすためのプログラムのこと。

 1.信用第一。しっかりしたソフトをつくってから
   相手の会社に持っていく

 2.人に遅れてはいけない。まずは相手の会社に
   「ソフトができた」と連絡する

君はどっちを選ぶ?
 
ゲイツは

2.を選んだよ


誰も手をつけていない分野
やったことのない仕事を
「最初」にやる
ことが成功への近道。
 
   ↓

チャンス!
さあ、契約しょう!

「一番先に完成したソフトを買うよ」
と言われたゲイツたちは
来る日も来る日も
ソフト作りに没頭。
努力のかいあって彼らのソフトは
一番乗りで、相手会社と
取引できることになった。

 1.ソフトがお客さんに一つも売れるたびに
   数千円ずつ受け取る
 2.ソフトの権利を完全に相手の会社に渡して
   数億円を受け取る

君ならどっちを選ぶ?

ゲイツは

1.を選んだよ。

当時は2.のやり方が普通だったが
ゲイツは新しい発想でビジネスのやり方を
編み出したよ

​     ↓

チャンス!
最大のコンピュータメーカーと取引

最大手であるIBMからソフト開発を頼まれた。
しかしIBMが示した期限までに作ることは
とても無理。

 1.自分たちで作らないと意味がない
   期限を延ばしてもらおう。

 2.他の会社のソフトを買ってきてい
           IBM用に作りかえよう

君ならどっちを選ぶ?

ゲイツは

 2.を選んだよ

できそうにない目標でも、できない
と諦めてしまうのではなく
どうすれば実行できるかを考えよう


​大成功‼️
世界一のお金持ちに…

いまや世界中のほとんどのパソコンで、ビルゲイツの会社の
ソフトが使われている。

「最も成功した企業家」と称えられる
一方で
「商売のやり方がずるい」
と訴えらたり批判されたりする
こともある。

ビル・ゲイツは2008年に会社の経営から
完全に手をひき、慈善事業をしている。

​引用 参考:朝日出版社 お金持ちになるにはどうするの?