FullSizeRender

前に『座右の諭吉』でも書いたのですが
私はこの本の方が実は好きです。

表題どうり 読書とはどうゆうことか?
とういう本なのです。

斎藤孝先生の本は何冊は他にもありますが
どの本も読んでいても
言い淀みなく読める本なのです。
文章がスムーズに流れている感じ。
難しい語彙もスラスラ読める。
読むのにストレスを感じない!
『読書力』という本を出すにふさわしい作者
だと私は思います。

読書は、自分の経験した事のないことを
まるで体験したかのように感じることができる

限られた一生の中ですべてを経験できる人は
いないのです。
本を読むことによって
自分の一生をより濃いめのものに
することができるのです。