FullSizeRender


 10月から消費税率も上がって仕方ないムードですが

それは、間接税ですね。言わいる買い物やサービスをうけた時の税金。

あと 酒税 タバコ税 なども

税金をはらう人を、実際にその税金を国に納める人が違う税のこと。


 直接税は働いて得た給料にかかる所得税や住民税で実際に
 
 税金を国などに納める人が同じ人です。企業などが払っている
 
 法人税もこれです。
 
 これも税率が徐々に上がっています。


でも、こちらは給料からの天引きが多いので

気がつきにくいですね。😆

直接税は景気に影響を受けやすく、

不景気になると収入が減り

その分、税収も減ります。

間接税は、たとえ不景気になっても

買い物をすぐに減らすことは

できないので、景気の影響を受けにくいのです。

世界の先進国では、この直接税 間接税の割合(直間比率)

直:間が5:5に対して日本🇯🇵は6:4(7:3に近い)

よって、日本は他国先進国と比べて景気に

左右されやすい税率になっています。

では、なぜどんどんと直接税をあげないのか?

間接税は累進課税と言って
わかりやす言えば、収入が高ければ高いほど、
税率が上がり、金持ちほどたくさんの
税金(お金)を払わなくてはならない仕組み。

消費税はお金持ちもそうでない人も買うのに
そんなに違いはないという観点で見れば
収入の少ない人にとっては大きな負担となり
逆累進となります。

当然、人口比率から考えると
お金持ちよりそうじゃない人の方が多い
割合を占めることになります。

当然、人口の多い方の暮らしを中心に
考えた動きをすることが求められますよね。

それにも関わらず今回、消費税率が上がった
ことは、切羽詰まった感が伺えます。

そして、法人税(直接税)の引き下げ5.9%↓

消費税率を上げる事は本当に有効なのでしょうか?


もう笑うしかないので、世界のおもしろい税を紹介します。


トイレ税
​(ローマ帝国​)

古代ローマ帝国の
皇帝ウェスパシアヌス(9〜79年)
は、公衆トイレに税金をかけました。
と言ってもトイレの使用料ではなくなく
当時おしっこを使って羊毛を洗っていた
毛織物業者が、公衆トイレのおしっこを
使用した時に税金を取ったのです。

お金はにおわない!


ひげ税
(ロシア)
​ロシアの皇帝ピョートル1世は
(1672〜1725)

戦争のためにたくさんの
お金が必要になる
ひげを生やしている人に
「ひげ税」をかけました。

ひげを生やしたければ税金をはらえ!


​​
間口税
​(日本)

​江戸時代、家の正面(間口)の広さに
応じてかけられた税金。
この税金を安くしょうと、
京都では家の正面は狭くして
奥行きを長くする細長い家が
たり立ち並ぶことに
なりました。

税金はうちはイヤどすえ


犬税
日本)

50年前には、全国の市長村で、
飼い犬に税金をかけていました。
長野県の四賀村(現在の松本市)を最後に1982年、
この税はなくなり
ました。

炭素税 (環境税)
フィンランド、スウェーデン

​地球温暖化の原因の一つは、石油や石炭
を燃料としたときに出る
二酸化炭素。
その量を減らして環境保護に役立てる
用途、ヨーロッパのいくつかの国では
燃料のガソリンなどに
「炭素税」という税金をかけました。

独身税
(ブルガリア)

東ヨーロッパのブルガリアでは、
大人たちに結婚して子供を産んでもらおうと
1989年まで、独身の人から「独身税」を
取ってきました。
そのころのブルガリアは働き手が足りないので
人口をふやそうとしていたのです。


こんな税金私は反対だぞ


こんなおもしろい税金🤣

もう、時の権力者が決めると なんででも税金は取れる
ものです。
知らない間に知らないものに税金がついてるのです。

引用: フリーターになるとどーなるの? 朝日出版社

彼は豪語する。

「自分は将来年金を貰うつもりはないから払わない。
俺はいちども払ったことがない。
1円たりとも払わない。
年金という制度は参加したいやつだけがすればいい」

しかし残念なことに、彼はこれからも一生パンを
買うたびに消費税を払う。
かっぱえびせんを買う度に消費税を払う。
今までも払ってきたしこれからも払い続ける。
やめられないしとまらないのだから。

引用: 下剋上受験 桜井信一


社会のルールってやつはすべて頭のいいやつが作っている。
給与システム 年金 税金 保険

みんな頭いいやつがわざとわかりにくいして
ろくに調べもしないやつらから  
多く取ろうという
仕組みにしている。
つまり、お前らみたいに面倒くさがってると
一生 だまされて高いお金を払わされる。

引用: ドラゴン桜1 三田紀房

税金の仕組み 計算なんて難しい😭
黙ってはらうしかないのだろうか?