スポンサーリンク
妻のトリセツ

夫は気づいていない「妻を絶望させるセリフ」『妻のトリセツ』黒川伊保子著

わかっている。 悪気がないのはわかっている。 でも、 怒りが心から沸き起こってくる なぜなのか? それがあなたの「セリフ」に 配慮がないから…たぶん。 夫は 妻を愛していないわけではない。 ...
パーソナリティ障害

スチューデント・アパシー『パーソナリティ障害』岡田尊司著

自分が望んで入った学校なのに なぜか授業に出るのが 厭で厭で仕方なく 興味がないわけでもないのだけれど 今までのように頑張れない。 もう、どうでもいいやという 気持ちになって 動けなくなってしまう...
パーソナリティ障害

インスピレーションの人 スキゾタイパル『パーソナリティ障害』岡田尊司著

一言で言えば、 「あの人の頭の中はどうなっているの?」 と言いたくなるような いわゆる、“不思議ちゃん“的に 扱われても本人は お構いなしでマイペースで 生きている人が学校や職場に いたりします。...
パーソナリティ障害

【ノルウェーの森】シゾイドパーソナリティ障害『パーソナリティ障害』岡田尊司著

愛する人が目の前で自分のことが 好きだと言ってくれているのに なぜか、YESと言えない人がいます。 実際に付き合ったり対人関係を持つと 自分の世界を多少なりとは変えないと いけないことが耐えられないし ...
パーソナリティ障害

【ナルシシスト】自己愛の強い上司を動かす方法『パーソナリティ障害』岡田尊司著

上司や同僚から注意を受けるとき 例え、上司や同僚が 自分より権威があったとしても 忠告をする者がミスもすれば 結果も出していないのに 偉そうに一方的に罵倒してくれば やはり、いい気はしないどころか ...
走れメロス

【竹馬の友】天真爛漫な友や兄に振り回される『走れメロス』太宰治著

“メロスは激怒した“から 始まる太宰治(昭和15年:1940年)の 作品で 自堕落(デカダンス)な生活を送っていた 著者が麻薬中毒を完治させて 正式に結婚した頃の 著者にからすれば、比較的 明るく...
境界線パーソナリティ障害

アンビバレントな葛藤『境界線パーソナリティ障害』岡田尊司著

最近の学生に 「将来、どんなことがやりたいのか」と 進路について尋ねても 「何がやりたいかわからない」 何のために勉強しているのと 聞いても 「周りがみんなやってるから」 親が進路を聞いても ...
境界線パーソナリティ障害

私は“毒親“なのでしょうか『境界線パーソナリティ障害』岡田尊司著

「自分が何をしたいのかわからない」 「何のために生まれてきたかわからない」 という疑問を程度の差こそあれ 誰しも一度は考えたことがあると 思いますが しかし、本書で取り上げられている 「境界線パーソナリ...
境界線パーソナリティ障害

心惹かれる出会いが戸惑いに変わる時『境界線パーソナリティ障害』岡田尊司著

とても印象的で、心を惹きつけられ 一目見た時から、注意を向けずには いられないような魅力とオーラを放ち 放っておけないような 保護本能をくすぐる。 そんな人と出会い、 個人的にすっかり親しい関係になり、...
死をどう生きたか

死の間際の少女にしてあげられること『死をどう生きたか』日野原重明著

自分よりも歳の若い人や 同じ年齢ぐらいの人が 亡ったことを聞くと 人の命は尊くなんて儚いのだと 思い知らされます。 本書ではまだ、十六歳の少女の死を 看取った著者の 死に行く人のために何ができるか...
スポンサーリンク