子どもにもわかる。いらない物を買わされた!取り消せるかも…その2

ちょっと待って!それ買っちゃダメ‼️

好きなものや欲しいものを買うのって楽しい。
買い物が生きがいって言う人もいまよね。

でも買い物には危険なワナが潜んでいることがある。
気をつけないと、いらない物を高い値段で
買わされちゃうことも…

デート商法

​​​​すごく好きだから!

IMG_3034

​メールなどで知り合った異性から
高いアクセサリーや着物を売りつけられる。
「売れないと困る」
「自分でデザインした」などと
頼まれて買ってあげると、そのあと
連絡が取れなくなってしまう。
恋愛感情を悪用した、悪質な商法なのだ。

実際、被害者は騙されることも頭の片隅のどこかにあり
最初は警戒しているのも関わらず
最終的には、商品を買ってしまっている
ケースがある。

相手は時間をかけてゆっくり
たわいも無い
商品とは遠い話をしながら
徐々に信用させていく。

「僕(私)には本気なのかも?」と…


キャッチセールス

だってヒマだし…

「絵を見て行きませんか?」
「お肌のチェックさせてください」


繁華街で声をかけられてヒマだったたので
ついていくと

高額な絵や化粧品などを強引に売りつけられる。

しつこく勧められて、買わない限り何時間も
帰れないこともある。

「かっ買いますからもう帰らせて…」

次々商法

なんて親切な人

​悪質な業者に「床が腐っている」などと
ウソを言われて、商品を売りつけられる。
そして一度引っかかると、その情報を聞きつけた
他の業者も次々にやってきて、さらに様々な
商品やサービスを売りつけてくる
という恐ろしい商法。

「屋根も痛んでますよ」
「シロアリ駆除もすべきですよ」
「もう一つ換気扇を」

お年寄りなどが孫のような
営業マンに言われると弱い。

一度うちにも
「屋根が傷んでる」
といって来られたことがありますが
「ここは会社の借り上げ借家なんです」
と言ったら
スーといなくなった事を
思い出しました。😆

まだまだあります

怪しい商法

催眠商法

小さな会場に人を集めて家庭用品など
安価やただで提供して
みんなを興奮させて
最後には、羽毛布団や健康食品など
高額な商品を売りつけられる。

近所でも人集りがあるなあと思って
近づき、見てみると
「2時から食パン1斤無料!先着30人の方」
みたいな 旗を掲げお客さんを呼んでいるから
「パン屋でもできたのかしら…」
と思っていたら、しばらくしたら
いなくなり、また日間隔を開けて
また、同じようなことを開催していた。

昼間に時間がある
やはりお年寄りが多いような気がします。


当選商法

​電話や葉書で「当選しました」
と言って呼び出して、
和服や宝石を売りつける
賞金を受けとるのに
手数料が必要とお金を振り込ませる方法も…

かたり商法

​「消防署の​ほうから​来ました」
「水道局​方面​のものです」
など公的な機関や有名企業から
来たように誤解させて
消化器などを売りつける。

学校の消火訓練の時に
消防の方からこの話がありました。

特定商取引法で名乗らない人から
物を買うことを禁止しています。

ちゃんと名乗ってもらいましょう。

みんないろんな話をきいて知っていても
自分のケースはそうじゃないと思ってしまう。
それがだます方は上手いからです。

高額なものを買う時は
誰かに相談してから
一呼吸おいてから
さらに考えるようにして
買うことを焦らないようにしなくては
いけないか
と…

ちゃんとしたルートの商品は
少し間をあけても買えるはずだから。

それでも買ってしまったら
これらもあまり考える時間をあたえない
商法なので訪問販売のように
クーリング制度(購入後8日まで返品解約できる)
が利用できます。

引用:お金持ちになるにはどうするの?朝日新聞出版社

子どもにもわかる 会社はどうやって作る? 子どもは会社をつくれるの?

株式会社を作るには
株主(1人でもd(^_^o))資本金(一円でもd(^_^o))会社の方針(定かん)
が必要!

株主
会社が発行している株を買って
会社に資金を出してくれた人のこと

会社を作る本人が出して株主になる
こともできる


資本金
株式の発行によって集めた資金
以前は資本金が1000万円以上なければ出来なかった
が今は一円でもOK


定款(ていかん)
会社の名前(商号)や事業の目的
運営方法など基本的なルールを定めたもの。



次は

登記
定款など必要な書類を法務局という役所に持っていき
登録してもらう

登記が完了すれば会社設立だ。

無事、会社を設立!

5005


子どもでも会社をつくれる?

法律上は15歳未満は会社を作れません。
(登記に印鑑証明が必要ですが
15歳以上でないと実印の登録ができないから)

まあ、あの手この手はありそうですが…

また、20歳未満が会社を作る場合は
保護者などの同意か必要です。

会社を作るメリット
信用が得られる

個人よりも会社の方が信頼されやすく
個人と取引しない大企業とも取引できる

資金を集めやすい

会社を応援したいと思ってくれる人から
資金を集めたり
銀行などからお金が借りやすくなる

税金が有利になる

売上金額が大きくなると
個人より会社の方が国に納める税金の負担が
少なくなる。

ただ、子どもが会社を設立するとなると
上記のメリットが得られにくいかなぁと
思います。

しかし、子どもであるから得られるメリットして

話題作りになって注目を浴びることも…
知名度が上がることは
商品やサービスの売上に貢献したり
支援者を増やすことで
資金繰りが改善することもあります。

後、発想が柔軟で大人が思いつかない
ような事を考えたり、行動したり
し、固定観念に縛られることが
ない分、新しいものを生む可能性が
あります

近年では大学生が起業するなどは珍しくありません。
大人に頼れない時代。
子どもはしんどいかもしれませんが
それだけ自由で子どもたちが主体的に生きられる
時代でもありますね。😉

​引用:お金持ちになるにはどうするの? 朝日新聞出版社

子どもにもわかる。いらない物を買わされた!取り消せるかも…

だまされて買わされた、無理やり買わされた!
そんな時には、法律が味方になってくれます

正しい買い物の仕方

売る人と買う人が、ある商品やサービスについて
同じ認識を持って、納得した上で
それとお金を交換すること


FullSizeRender



「買い物」とは売る人と買う人の
契約なんだ。


正しくない買い物の仕方

ウソの情報を伝える


FullSizeRender

無理やり買わせる

​店員:買うまで帰しません‼️

IMG_3015

売る人が商品ついて嘘をついたり

大事な情報を隠したりして

説明した場合には

買う人と「同じ認識を持った」
ことにはならない。

また、無理やり買わせた場合には
買う人が「納得した」とは
言えない。

正しくない買い物​は契約違反!
​だから
取り消せる

​「買い物」では売る側の方が扱う商品について
たくさんの情報を持っています。

そこで、買う側が一方的に損することが
ないように「消費者契約法」と言う
法律があります

この法律では、条件に当てはまれば売買の契約
(買い物したこと)
を取り消せると定めています。

​​クーリングオフ

訪問販売や電話勧誘による販売など
よく考える時間がないうちに

買ってしまった場合には
特に理由がなくても8日以内なら
買い物を取り消して代金を返して
もらえることが
あります。

これをクーリングオフ制度です
ただし、買うまでにじっくり
考える時間がある
通信販売などには
この制度は使えません。

しかし、通販好きの私。
意外と返品はします。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

通販でもほとんどのものに交換・返品の
方法が記載されています。
それも8日ではなく
未使用なら
3ヶ月や30日、20日など
長い期間返品可能なことがあります。

あと、レシートとや領収書は必要です。
大切に保存しておきましょう。
商品発送時にほとんど付いてきます。

買う前によく考えるのは当たり前ですが
そうためらってばかりでは
買い物もできません。

不良品やサイズが合わないなども
数や番号を間違えて買ってしまっても
諦めないでとりあえずお店と
返品交渉をしてみましょう。

引用:お金もちになるにはどうするの? 朝日新聞出版社


お問い合わせ

名前
メール
本文