臆病者のための億万長者入門 橘 玲に学ぶ なぜ日本はROEが低いのか?

ROEとは株主資本利益率 (Return On Equity)
株主資本に対する純資産で
経営者が株主から預かったお金を
どれだけ有効に使ったか?
を示す値。

例えば、株主資本が100億あって
純利益(材料や経費を引いたもの)が
20億ならROEは20%になります。

このROEを国際比較すると
欧米企業が20〜25%に対して
日本は10〜15%。

要するに
日本は欧米に比べて
株主から集めたお金を上手に使って
お金を増やせていない。

EPSとPERとは?

会社の利益(ROE)が上がると
1株当たりの純利益が上がる
(EPS Earnings Per Share)
このEPSが上がると
1株当たりの純資産に対しての
何倍の株価で取引されている倍率
(PER price Earning Ratio)
が下がって、益回りが上がる。

益回りがいいと嬉しいですよね。
そんな株は魅力がありますよね。

なのでこのROEの%を増やしたい。

なぜ、ROEが日本は低いままなのか?


この「経営者の成績表」とも言われるROE。

日本の経営者は無能なのか?

この本の著者は
日本政府が日本企業を世界レベルまで
引き上げるための大胆な成長戦略を取らない
からと指摘しています。

それというのも
日本の会社が収益率を無理にあげると
よくない事態が起こるからだと
言っています。

日本の失業率は4%で、
5%を超えると自殺が急増するなど
大きな社会問題につながる
心配がある。

それに対してアメリカは
世界金融危機以降、失業率は9%を超え
その後下がり続けて
13年6月の時点で
⒍7%。

なぜ、失業率が出てくるか?

収益率を上げるもっとも簡単な方法は
企業が利益の少ない部門は撤退し
収益の高いところに予算を
投入する。

そして。部署も廃止なら人もいらないので
リストラし人件費も減らす。

このようにコストを削減し
利益だけ追えば
このような状態になる。

しかし、日本では正社員の解雇は事実上
不可能なので
整理解雇の代わりに
ボーナスを削り、定期昇給もなくなり
福利厚生も廃止。

基本給までカット。

日本の会社は採算割れを覚悟で
商品を販売。
サービスも疲弊しながら提供する
ことになる。

このような状態でいくら
日銀が介入してどうこうなる訳では
なく、
硬着した流動性の低い労働市場にある
と著者は言っています。

アメリカのように
労働基準法を改正して
整理解雇ができるようにし
日本企業も余剰人員をいっさい
なくし採算の合わない部門の排除
をすると
過剰供給がなくなり
採算を度外視した価格戦略もなくなる。

そうなれば
物価も給料もあがり
売り上げや純資産も増えて株価が上昇する。

アベノミクスの理想型でしょう。

しかしその代償について
日本の失業率も欧米並みに10%超え
ここ数年減少していた自殺率やホームレスが
増加してくるかもしてない。

そんな成長戦略はいらないという人も
多いだろうと著者は記しています。

私たちは常に、何かを捨てて
何かを選ばなくてはならないと…

この本は難しいお金の話を
わかりやすく解説。
お金にまつわる人の思惑や
制度についての理解が深まります。













臆病者のための億万長者入門 橘 玲に学ぶ 生命保険は損か得か?

家計の支出をできるだけ抑えたい。そう考えた時
この生命保険は本当に必要なのか考えてみた。

その時に参考にした本

この本を読みながら保険の勉強を
してみたいと思います。

生命保険とは助け合い保険。
もともと、不幸に見舞われた人を
大勢の人でちょっとずつ助ける制度。

そうすることで、自分も不幸な時に
金銭面で助けてもらえる。

いわゆる、安心や愛情の商品なので
損得を考えるのはおかしいのですが…

しかし、そうゆうものだから
知らず知らずのうちに
助け合いで使われる以上の金額を支払って
しまっているのに
気がついていないかも知れません。


そのことを指摘してるのが
この本なのです。

例えば
人が交通事故に遭って死んで
しまうと保険金は払われますが
その確率がどれだけあるのか
知っているのでしょうか?

人口比で見ると一年間で3万人に一人。

交通事故だけでなく年齢別死亡率も
1000人に一人を超えるのは、
男性なら65歳から、女性なら75歳から。
息災の人の方が多くほとんどの人が
掛け捨ててしまう。

ゆえに日本人は掛け捨て保険を嫌い
貯蓄型の生命保険を選ぶ人が多い。

生存していても息災でももらえる
単純に考えれば、
保障もあってお金も返ってくる。

得した気分です。

これは保険のことを理解するとまた
違った見方になります。

保険料の原価は一般的には
公開されていません。

しかし
私たちが支払っている保険料の
半分程度が保険会社の手数料です。

そして
貯蓄型の生命保険は
貯蓄の部分と保険(保障)部分があり
いわゆる
貯金と掛け捨て保険が合体している
だけなので、
貯金は自分で貯金して
保険の部分は掛け捨てに入っている
のと変わらないのです。

ある意味面倒な人は、保険会社にお金を
預けて貯金してもらっている
と考えれば損ではないかもしてません。

しかし
私たちから集めた保険料から手数料を
引いたお金を保険会社が運用して
利益を得る仕組みなので
お任せな分、自分が貯金していくより
不透明な部分が出てきます。

バブル期に高利回りで
保険会社を売っていた保険商品が
バブルが弾けて
利益が下回り、逆さや状態になり
保険料未払いの問題になったことがありました。

このことも
この不透明さで、誤魔化しても
わからないだろと保険会社に
その損失を
私たち顧客に負わしたことは
保障以上に自分の貯蓄の運用まで
保険会社に任せたことも
原因かと考えれますね。

そういう意味から保険は金銭面では
損のようです。



これほど確率も低く
ほぼ外れる
しかも手数料も高く
貯蓄性も疑わしい金融商品をなぜ
絶対に入らなくてはと
思わされるのでしょうか?

この本で著者は
それでも保険が成立する理由の一つは
私たちがよいことの確率(例えば宝くじに当たる)
と同じように悪いこと(病気や事故で死んでしまう)
の確率も実際より高く見積もっているからだ

と記しています

良いことが起こる期待より
悪いことが起こる不安の方が強い。
精神的なもの(安心)は
お金では変えられないのかも
知れません。

そこで本書では
  1. もっとも経費率の低い生命保険に加入する
  2. 保障は必要最低限にする
  3. 保障が不要になったらすぐに解約する
を勧めています。

掛け捨てで貯蓄は別で
何年もの保障や高額保障のものにしない。
(掛け金が高くなるので)

というものがベターなのかも知れません。

臆病者のための億万長者入門 橘 玲に学ぶ 宝くじを買ってしまう射幸心とは?

射幸心とは

人間の心理として「幸福を得たい」誰よりも…
安全を願ったりラッキーなことが起こるかも
という心理的な欲求。




この本の第二章では、この射幸心という
私は聴き慣れない言葉が出てきます。

宝くじという金融商品

ジャンボ宝くじは1等前後賞合わせて6億円。
金額はさらに上がっている。

この宝くじは本当にお金を儲けることが
できるのか?

普通に考えて当たる確率は低そうだけど
たくさん買えばひょっとして当たって
一気に億万長者になれるのでは?

なんて考えて買うのが普通でしょう。

何故、たくさん買えば当たると
思ってしまうのか?

それは、
どのぐらいの確率で当たるかを計算できない
からとこの著者は言っています。


今は7億円になった宝くじ。
7億が当たる確率は1000万分の1

著者は日本の交通事故に例えて
1年間に交通事故で亡くなるのは
3万人。

宝くじで1等が当たる確率は
交通事故死の300万分の1。

10万分買ってようやく1年間の交通事故死の
確率と同じになる。

人はそう簡単に死なないので
ほぼない!当たらないのです。

なのに発売日には行列ができるのは
何故か?
それは不利なことを伝えないで
射幸心を煽っているからだと
著者は記しています。

宝くじも金融商品だとすれば
金融庁が金融商品取引法によって
リスクの説明をするべきと
言っています。

「宝くじの購入にはリスクがあります
1等の当選確率は1000万分の1で、
宝くじを毎回3万円分、0歳から100年間
購入にても、99•9%の購入者は生涯当選
することはありません」

と券面に書かれていたら💦また、

「宝くじには、50%の購入代金に対して手数料が
50%かかります。
宝くじの購入者は、平均代金の半額を失うことに
なります。
などと書かれたら小額でも買うのが躊躇
してしまいます。

半分は賞金で残りは販売手数料を引いて
地方自治体に分配させる。

何かと既得権益があるためでしょうと
この本には書かれています。

国家の独占事業なのでそんな不利なことは
書かないのはうなずけます。

この仕組みが宝くじを買う人には理解
されていない。

経済学では、宝くじを
「愚か者に課せられた税金」
とまで言われています。

政治家たちは増税すると嫌われたり
選挙に不利になるので
出来ればやりたくないのです。

そこで
人々がこころのどこかで思っている
「自分は特別なんだ」
「私は当たる!」と思い込んでしまう
射幸心を煽って儲ける方が都合がいい
ということです。

この錯覚がまだ宝くじだけならいいのですが
その他の莫大な金額の詐欺事件
例えば和牛商法や未公開株詐欺などに
巻き込まれる
可能性があることを
この本では、懸念されています。


お問い合わせ

名前
メール
本文