スポンサーリンク
GIVE &TAKE

実績を残せる人材を育てる方法『GIVE&TAKE』アダム・グラント著

「スター」を育てるにはまず 人材の“発掘“から始まるイメージなのですが 本書では その才能ある人材を見分けることが できる心理学者について 書かれています。 これを参考に 高い実績が残せる ...
GIVE &TAKE

【プラットフォール効果】スーツにコーヒーをこぼしただけなのに『GIVE &TAKE』アダム・グラント著

この一件“弱み“のように感じる だらしない感じが かえって好印象をもたらすことが あります。 ある程度、周囲の人が 有能だと認めている人には 特にこのような“弱み“は 良い効果をもたらすことが ...
サピエンス全史 

古代の情報処理システム『サピエンス全史』ユヴァン・ノア・ハラリ著

狩猟採集社会から農耕民族となり 集団を管理する必要が出てきたのは 紀元前3500年ほど前のメソポタミア南部の 農業革命の起こった頃です。 この数を管理するのに現代のように コンピュータもExcelもない時代に...
サピエンス全史 

豊かな狩猟採集民ライフ『サピエンス全史』ユヴァル・ノア・ハラリ著

過去200年、私たちはこれまで どの世代も享受できなかったほどの 豊富な物理的資源と長寿を 私たちにもたらしましたが その中、 しばしば私たちに疎外感や憂鬱な 気分を抱かせたり プレッシャーを感じ...
Sleep,Sleep,Sleep

明晰夢 みたい夢が見れる 『Sleep、Sleep、Sleep』サンマーク出版

夢をコントロールできる人が いるそうです。 それを「明晰夢」というようなのですが これは一体なんでしょう。 本書の解説を紹介します。 明晰夢とは 自分の夢に影響を与え、 その筋書きを自分で決められ...
サピエンス全史 

腸の長さと脳の大きさを決めた火の役割『サピエンス全史 上』ユヴァル・ノア・ハラリ著

人類らしきものが登場してから 他の動物よりも性急に 食物連鎖の頂点に君臨する ことになりました。 他の動物が数百万年かかって 守ってきたこの頂点を 10万年ほどで駆け上がった 人類の重大な一歩は ...
察しない男 説明しない女

男は「最初の恋人」に、女は「最後の愛人」になりたがる『察しない男 説明しない女』五百田達也著

これは最近では少し違う恋愛観かも 知れませんが それでも潜在的には 男は何も知らない経験の浅い 女性をリードしたがり 女は初めからできるだけ洗練され 成功した大人の男性を求めます。 この“需要と供...
悩む力

宗教は「制度」である『悩む力』姜尚中著

現在の私たちは 宗教を持つ持たないも 自分の生まれてきた家庭に したがって信仰を選ぶことも しなくて良いという 「自由」を謳歌している状態で これを「幸せ」というと 思っていましたが 本書を...
銃と病原菌と鉄

毒のないアーモンドができた理由『銃・病原菌・鉄 上』ジャレド・ダイアモンド著

今日では、「遺伝子組み換え」などの 技術によって 味や大きさや量産性や低コストなど 人類にとって有益なように 品種改良されるのは 当たり前のようにされていますが 紀元前8000年ごろから 野生のア...
銃と病原菌と鉄

シマウマはなぜ家畜にならなかった理由『銃・病原菌・鉄 上』

農耕を営み 定住して暮らすようになった人間にとって 動物を家畜化することは 食料を確保する上で大切なこと なのですが、そこで考えるのが 今、家畜として飼われている動物以外でも 家畜として飼われていれば ...
スポンサーリンク